前を向くそれだけでも辛いことが時にはある。

前を向くそれだけでも辛いことが時にはある。

それでもあなたは進むことをあきらめないで。

千葉県君津市にある町の小さなお米屋のオコメンです。

久しぶりにいい曲に出会いました。

音楽ってその時々、その心境時に記憶に残るものって人それぞれなんですよね。

全てはタイミングだからこそ、ラジオから流れてきた時にふと記憶に残った曲がありました。

すごいね音楽って。

今日はこれを流しながらスクロールして聞いてください
(所要時間:5分10秒)

悔し涙を流した時 心の奥が熱くなった
嬉し涙を流した時 胸の奥が熱くなった

季節はずれの桜のように冬に負けない人になって
苦しい時こそ根を張って春を待たずに咲き誇ろう
遠い空に光る星 先を急ぐあなたを照らせ
立ち向かうその背中を 優しく讃えるように

前を向くそれだけでも辛いことが時にはある
それでも進むことをあきらめないで

時にしだれる柳のように風に負けない人になって
悲しい時こそ手を取って何も言わずに揺れてみよう
西の空に沈む陽よ 明日へ向かうあなたを照らせ
傷ついたその背中を 優しく支えるように

声を枯らして泣いてもたどり着けない場所がある
それでも生きることを信じることをあきらめないで

前を向くそれだけでも辛いことが時にはある
それでもあなたは進むことをあきらめないで

悔し涙を流した時 心の奥が熱くなった
嬉し涙を流した時 胸の奥が熱くなった

聞いた?聞いてないっしょ?(笑)

いい曲だから前に戻ってポチッと押しながら読んでください。←しつこーw

音楽って、たぶん聞く人によって思い浮かぶ情景が変わるんだろうなー。

心臓ってあるけど、それとは別に「心」ってほんとにあるんだと思う。

熱くなったり。キュンとしたり。ぎゅーって締め付けられたり。
この曲聞いて涙出てきて、あぁ、ほんとだなって思った。

人それぞれ大なり小なり色々なことが起こるもの。

それを公にする人、しない人。

我慢して決して見せないようにする人。

強い人、弱い人っているけど、我慢するのが強いのか。見せる人が弱いのかの判断なんて分からないし、どれが正解かなんてことはボクには分かりません。

それでも、この先の未来が明るいものになっていたら結果的に正解だったんだと思う。

明るいものにしていくために、今があるんだと信じることが一番。

じゃないとやっていけないしね。

自分だけが苦しいと思っていても、意外と他の人も苦しんでる。
もっともっと大変な人だって世の中にはたくさんいる。

それでも僕は今、正直死ぬほど苦しいです。

毎日を苦しみの中でもがいてます。

夜が来るのが本当に嫌。

休みの日が本当に嫌。

理由は言わないけどストレートに初めて言ったかも。

なんか僕はこうやって書くことで少し紛れる気がするので、書くことにしました。

SNSもなかなか出来なくなって早数ヶ月。

やろうと思えば思うほど、うまくいかない。
やりたいと思ったときが、やれる時なんだと思ってます。

まだまだ以前のようには絡めないこともあるし、いいねを押すので精一杯。

心配かけてる友達にもほんとに申し訳ない。

こんななのに気にかけてくれる友だちには感謝しかない。

前のように友達から色んなものを買う事もできない。

食べに行くこともなかなか出来ない。

それでも、応援してる人はたくさんいるし、尊敬する人も変わりません。

その人たちはこれからもずっと応援していきたいと思ってます。

生涯の友達だと勝手に思ってます。

まだまだ先は長いけど、今はほんのちょっとずつかもしれないけど、ゆっくり進んでいこうと思います。急にやると続かないし(笑)

なんてことを子どもたちが夏休みに入った今日ふと思いました。

声を枯らして泣いてもたどり着けない場所がある
それでも生きることを信じることをあきらめないで

前を向くそれだけでも辛いことが時にはある
それでもあなたは進むことをあきらめないで

苦しみはいつかは終わるもの。

永遠なんてことは絶対にない。

そんなことを自分に言い聞かせて今日のブログは終わり!

あー夏休みどっか行きたいなー。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...