お店視点で「ポケモンGO」の魅力を考えてみたらこうなった。

先日(2016/07/22)より日本でも配信となって話題を呼んでいる「ポケモンGO」。

ボクはこうゆう新しいものは一度触ってみないことには、良さも悪さも分からないという考えなので、まずやってみました。

はたして、どんなものなのか。

・・・。

ちょっ!無許可でゼニガメ、工場の中に入ってるし!

警察呼ぶぞ!こんにゃろー!!

というツイートをしたら、みんなから・・・

くっそぉ!

楽しいやんかー!ちくしょう!!

って、みんなも意外と気になってるんだね(笑)

やりながらも感じたことは、これだけ世界中で話題になってるゲームなんて、そうそうない。

この人気に少しでもあやかりたい。

これをうまく使えれば、お店でも楽しいことができるんじゃないだろうか?

そんなことを考えてました。

分かりやすい例だと、忙しい人のためにポケモンをゲットしてくれるサービスまででてるし、海外ではすでにお店が「ポケストップ」や「ポケモンジム」になるとメリットが出てくると話題になってます。

pokewalk(お金を払い代わりにポケモンをゲットしてくれるサービス)

そして、日本で分かりやすい話題だと、マクドナルドですよね。

簡単に言えばお客さんを「ポケモンGO」で呼び込み、ついでに購入してもらおう!というもの。

じゃあ、これはお店をやってる中小でもできるの?ってなりますよね。

調べてみるとありました。

無料でポケストップの登録や解除をする方法

細かく説明すると長くなりめんどいので、知りたい方は詳しく書いているこちらのブログをどうぞ。(笑)

はい。ご覧いただけましたか?

簡単に言うと、申請すれば良いらしいんですが、今は「Please note, we are currently not accepting submissions for new PokéStops or Gyms.」と書かれてるので、「新しいPokéStopsやスポーツジムの提出は受け付けていません。」ということで、出来ません!

申請出来ませんでした!(笑)

まぁ、こうゆうのにあやかってやろうなんて、
浅はかな考えをしてたボクがバカでした。

うちはそんなことしなくても、いいじゃん。

目の前のことを思いっきり、既存のお客さまと一緒に楽しめばいいじゃん。

ただ、ポケモンGOが人気なのは事実なので、これを参考にして色々と楽しくて、新しいことを考えればいいだけなんだよね。

ということで、今日のブラックボードはこれしかありません!

最後に

こういったスマホゲームはSNSライフを脅かすものなので、ボクはあまり熱中したくはないけど、新しいものなのでまずは自身がやって体験してみないとね。やってみないことには良さも悪さも体験できないし。

そして、使ってみて思ったこと。

これは楽しいけど、やはり画面を集中するから結構危険。
周りを見ながらと注意喚起をしても、集中すると絶対に見えなくなってしまいがちなので、まずは公園とかでやりながら、ルールやマナーを覚えていくのがいいのかもしれないですね。

ポケモンがいたからといって、間違っても人の家や、立ち入り禁止区域には入らないように気を付けよう。

ただ、ボクはすでに飽きぎみだけど(笑)、良かったのは最近子どもと町を歩くことはなくなったから(最近はもっぱら車だし)、そうゆう面では良かったかも。夜歩き疲れたのか、速攻寝たしね(笑)

ダウンロードサイトはこちら

「ポケモンGO」公式サイト

※すでに偽アプリもでてて、個人情報の抜き取りもあるから、やるならこうゆうのは公式サイトからダウンロードしようね。

そして、オコメンは常にウラにいるので、意外とレアキャラです(笑)

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...