売り切れ御免!早くも「新米・七夕コシヒカリ」の予約開始ーーー!

今日は七夕(7月7日)ということで、偶然にも「七夕コシヒカリ」と言う名前の「新米」のお知らせです!ということを言いたかったのに、昨日はとんでもない忙しさでブログUP出来なかったのはホントです(笑)

でも、早いよね。もう「新米」の予約時期だもん(笑)

しかも、このネーミングもステキじゃないです?

新米・七夕コシヒカリ

これは実は当店の新米リレーの中の毎年トップバッターを飾るお米。

七夕コシ(白石町)4

佐賀県白石地区で栽培されるコシヒカリなんです。

このお米は皇居で行われた新嘗祭(にいなめさい)の『献穀米』としても選ばれたほどの実績を誇るお米なんですね。

早場米の一種だけど、早場米の中でも特に食味が良いので、うちはこれを長年取り扱ってます。

早場米って、いち早く新米を食べられるんですが、なかなか食味が良いのが少ないんですよね。そんな中でも、ピカイチの味を誇るお米がこれ!

何と言っても、新米特有の香りと、瑞々しさ、そして粘りが最高なんです♡

「七夕コシヒカリ」のネーミングの由来
鹿児島・宮崎でもコシヒカリの早場米がとれるが、圧倒的に人気があるのが佐賀県白石地区の「七夕コシヒカリ」。旧暦の七夕である8月7日頃に出荷が始まるので、「七夕コシヒカリ」と名付けられた佐賀県の早場米。

佐賀県の白石地区は、有明湾の近くに位置する干拓地。

本来、海であったこの地は粘土質でミネラルや養分をたっぷりと含んでいます。

早場米の中でも最も美味しいとされ、
お米好きで有名な「嵐山光三郎」さんが、

「香り・硬さ・形がよく、艶があって粘り強く
ピカピカで、味は魚沼コシに勝るとも劣らない」

と新聞で絶賛したことから、火がついたお米。

七夕コシヒカリ5kg

ただ、生産量が少なく関東でもなかなか
出回らないことから、「幻の新米」とも言われています。

昔から契約栽培しているので、
それをうちが大々的に仕入れられるんですね~^^

それでも、この七夕コシヒカリに関しては、期間限定になるため、お盆前後から1ヶ月ほどで毎年終了してしまうので、気になる人はお早目のご予約を~♬

ご予約はこちら↓

七夕コシヒカリ 5㎏

七夕コシヒカリ 2㎏

もしくはボクにメッセくださいね。↓
https://www.facebook.com/kouji.ishikawa.98

現在までで、すでにご予約が5㎏、2㎏併せて500袋以上。
今年は一体どこまでの予約数になるのか今から楽しみです♬

この新米を皮切りに、お米屋さんは11月まで新米ラッシュが続きます。

10549938_732304446849664_6611128479937354729_o

たぶん今年もこんな状態だろうな(笑)

という訳で、今回はここまで。
本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

お米屋さんのホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...