佐野さんが育てた三陸ワカメの旨さがハンパじゃない

いよいよ、今年もこの時期がきた。
今年も美味しい「三陸わかめ」が出荷、
販売が出来ることを本当にうれしく思う。

毎年、ものすごく楽しみにしてくれる人がたくさんいる。
それが、今、最盛期を迎えている「三陸わかめ」。

かなり前よりお付き合いをしている
宮城県志津川の三陸わかめの生産者、佐野さん。

もうかれこれ、15年以上?

いや。20年は経つのかも知れない。

佐野さんの作る「三陸わかめ」が食べたい。

他のわかめとは全然、味が違う。

なんでこんなに肉厚なの?

本当にこれがわかめ?

という声が多く、一度食べたら

市販のわかめとは全く異なる食感や味に

驚きを隠せない人が多かった。

それもそのはず。

この「三陸わかめ」は宮城県の中でも

内湾ではなく、外の海「外湾」で採れるもの。

外の海は波も激しく、うねりも大きい。

その中でもまれて育ったわかめは、

本当に肉厚で、旨みがぎゅっと詰まってる。

これは、ほんと食べた人じゃないと分かんない。

ね?吉田 由紀子さん^^

でも、少しでも伝えるために

こちらの写真をどうぞ。

IMGP1958

肉厚だから、立つわかめ。

肉厚だから、しゃぶしゃぶやお刺身としてもOK。

ほんとうに多くのお客さまにも支えられ、
年を重ねるごとに注文が増えていきました。

お客さまの中には1度に10袋以上購入する方も、稀ではなかった。

しかし、今は数量も激減。

東日本大震災3.11

数量が激減した理由は、東日本大震災で

かなり大きな被災をしてしまったから。

今回はちょっとその話も触れておきたいと思う。

佐野さんは、その当時海へ出ていて

地震の大きさから危機感を感じて

内地へ帰ってくるのではなく、あえて沖へ沖へと船を進めた。

それが「生死を分けた」と後で話してもらった。

内地へ帰ってこれたのは、3日後。

それまではずっと海の上。

しかも、家族とも連絡がとれない。

互いに安否がどうなのかも分からないまま。

ようやく帰ってみると、そこは変わり果てた街並みと、自宅も浸水により甚大な被害を受けていた。

ボクらは東北の産地によって、今まで生かされてきたといっても過言ではない。だからこそ、あの震災が起こった時には、気が気ではなかった。

そして、各産地に飛び、現場を見て僕らは何が出来るんだろうと考え、今まで育ててもらった産地が少しでももとに戻るように、産地へ寄付だけでなく、商品の流通が少しでも早く出来るように一緒に頑張ってきた。

これだけ大きな被害のある中、
僕らが出来ることは本当に限られてくると思う。

祈るだけじゃ、何も変わらない現実。

目の前の出来ることをしていこうって思ったのは、
この時を境にして本当に強くなっていった。

そんな想いが今回の「復興・三陸わかめ」の後押しをしている。

だからこそ、今年の三陸わかめを皆さんに紹介をしたい。

佐野さんの三陸わかめ (1)

この写真を見て、当時の震災の規模が分かるだろうか。

山の緑が一部、茶色くなっている。

これは、ここまで津波が上がり

塩を被った証拠だという。

佐野さんの三陸わかめ (2)

おそらく、こちらも家や田畑が広がっていたであろう場所。

佐野さんの三陸わかめ (4)

消火栓が底部分から根こそぎ無くなっていた。

佐野さんの三陸わかめ (5)

海には多くのわかめの業者の面影もなくなってしまった。

佐野さんの三陸わかめ (3)

仮設住宅に住む佐野さん。

笑顔で迎えてくれ、前向きでこちらが逆に元気をもらったこと。

そんな佐野さんが復活してくれたこの「復興・三陸わかめ」。

内湾でなく、荒波の激しい外湾で採れるこのわかめは

海でもまれた分だけ、肉厚で、旨みがのっている。

佐野さんの三陸わかめ (6)

今では、何とか自宅も復旧し、次の世代へも繋いでいる。

そんな「復興・三陸わかめ」を

今から販売開始します。

ただ、すでに多くの方々から予約も頂いているのもあるので、

数量も限られ、無くなり次第終了になってしまうと思います。

届けられなかったらすいません。

ぜひ、今年の「復興・三陸わかめ」を心ゆくまで堪能ください。

ご注文はこちら↓↓
https://www.gokokumai.co.jp/?mode=cate&cbid=1857271&csid=0

または、Facebookのコメント、及び、メッセンジャーでも承りますので気になる方はご連絡くださいね。

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...