美味しく炊けるのはどっち?

今日はちょっとしたクエスチョンです♪

両方とも炊飯したお米です。

「A」のお米
もちもちとした食感になり、香りや味は良かったです

「B」のお米は硬めに炊き上がり、
香りや後味はあまり良く無かったです。

両方とも炊飯器、洗米の仕方、お米、お米の量、
水加減、浸水時間は全て同じにして炊いてます。

さて、「A」と「B」の違いは何故起こったのでしょうか?

う~ん。。。

p183

答えは。

「水です。」

shutterstock_56281039-e1378264390728

ハイ。

炊飯する時の水を替えただけで、こんなにも違いが出てきます。

今回使用した水の名前は控えますが、
水には「硬度」というものが記載されています。

この硬度の違いで、炊き上がりに差が出てくるんです

Aの炊飯には硬度が58mg/Lのもの

Bの炊飯には硬度が300mg/Lのものを使用しました。

これだけで美味しいご飯が出来るか、出来ないかが分かれます。

炊飯に適した水は【軟水】が良いですよ~。

目安として、

【軟 水】~100mg
【中硬水】100mg~300mg
【硬 水】300mg~

硬水になればなるほど、エグ味や苦味が残り、

お米も黄ばんできます。

はっきりと差が出るので、皆さんも
一度は家庭でお試ししてみてはいかがでしょうか?

いや、やらないな(笑

せっかくのおいしいお米!美味しく炊飯しましょうね♪

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...