お米屋さんでの工場見学を終えた気づきは、やっぱりやって良かったってこと。

今日は久々のお米屋さんの工場見学でした。

今回のすべての写真は親御さんの気持ちや要望もあり、子どもたちの顔があえて分かりにくいものを採用しました。その為、雰囲気のみ感じてくれると嬉しいです。

今までも工場見学の声は頂くんだけどなかなか開催できなかった。
理由はひとつ。うちの人員がいないから。

でも、今回色々なご縁で地元の養護学校の先生から声が掛かって、
「子どもたちにいつも食べているお米が、どうやって白くなってるのか教えてあげたい。」

そんな要望がありました。

先生も入れて18人くらい。

これはうちには多すぎる人数。
だって、一気にこれだけの人数は工場内に入りきらないし、今までと違って、問題は養護学校の低学年の子どもたちなので、普通の同じ年齢の子よりも行動範囲が広い。(変な意味には捉えないでね。)

工場見学をする時に一番大事なことは、うちには大型機械があるので、何よりも安全第一。怪我をしたら元も子もないしね。

ということで、今回はその想いに応えるため、スタッフ総出でバックアップに回ることに。

そして迎えた工場見学では、オリジナル下敷きをプレゼント。

これ、すごいテンションで喜んでくれました(笑)

いやー。嬉しかったなぁ♬

12106700_946522602094513_3037279543692030482_n

工場内ではもう人数多すぎて、順番待ち状態(笑)

そして、質問タイムに。
たくさんの質問の中から、今回は一つご紹介します。

子ども:「美味しいおにぎりはどうやって作るの?」

「いい質問だね~。どんなおにぎりが美味しい?」
「先生が作ったもの?自分で作ったもの?お母さんが作ったもの?」

子ども:「んーと。お母さん!」

「そうだね。お母さんは愛情っていう、美味しくなぁれっていう気持ちがこもってるから美味しいおにぎりが出来るんだね。」

「もし今度作るときがあったら、美味しくなぁれって気持ちを入れて、作ってみると美味しいおにぎりになるよ。」

11222135_946522768761163_7991368420420388505_n

こういった質問もいくつかもらって、しっかり自分たちで答えを書いてたよね。

子どもたちの質問って、結構ドキドキするんですよ。
だって、どんなことが飛び出てくるのか分からないんですもん♬
たまに、とんでもないものが出てくる時あるし(笑)

そして、最後はお店に戻って、小型精米機を使っての実践。

12107231_946518658761574_9187912632619901805_n

出てくる白いお米に興味深々。

そりゃそうだよね(笑)

茶色いお米が魔法のように、白いお米になって出てくるんだもん。
みんな目がほんと輝いてました。

ここで最後のサプライズ。

実は工場見学が始まる前に、全員でお店の前で写真撮影をしたんです。その写真データをすぐにPCに取り込み、帰りのときまでに、A4版の大きな【記念写真】に仕上げてプレゼント♡

最後に

全ての工場見学が終わって気づいたこと。

今回はスタッフのみきちゃんにカメラ撮影係をやってもらったけど、正味見学時間1時間しかないのに、枚数見たら120枚以上撮ってるよー!!!

撮りすぎだよー!!!(笑)
どんだけ撮ってるの―――ッ!
これ、運動会並みになってるよ――――ッ!

でも、みんな良い表情が見れたから、まぁいっか♡

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...