パクリとオマージュの差はリスペクトの有無だ。

LINEで送る
Pocket

千葉県君津市にある町の小さなお米屋のオコメンです。

会社の隣で突然足場組みを始めて、何がどうなるのかよく分かりませんが、一つだけ言えることは当分出荷の邪魔になりそうだなという事と、いつまでやるんだろ?ということはとりあえず心の中にそっとしまっておきます。

先日、オリジナルキャップを受付開始したけど、すでにデザインを見てお気づきの方がちらほら出てきているので、先に公開しておきますね。

受付はこれ。(絶賛受付中!)↓

オリジナルキャップ2017 決定!& ご注文受付スタート!のお知らせ
千葉県君津市にある町の小さなお米屋のオコメンです。ここまで至るのに様々なことがあり(その経緯はまたブログで書きます)、満を持してオリジナル商品を発売するまでに至りました。

実はこのオリジナルキャップですが・・・。

とある世界的なバンドのロゴのオマージュです。

レッチリ。

そう。「Red Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパー)」

音石明

音石明

違った。これじゃない。(いや、これもか。紛らわしいなw)

本題に戻して。

聞いたことある人も多いんではないでしょうか?

レッチリ

はー!かっこええー!!!

ちょっとここで数曲好きな曲をピックアップしてみようかな。

Around the World

のっけからベースだけでここまで表現できるのかよ!ってくらい。

そして、フリーのベースからくるジョンのギターがパない!

By The Way

レッチリで一番有名なのはこれでしょ。

お次はこれ。

Magic Johnson

これは見ておいて損はないライブ映像。
こんなん生で見てたら鳥肌もんだろうなー♬

初っ端からテンション上がりまくりだもん。

そしてデスノートの主題歌だった
Dani California

もはやこれは何も言いません。

ふぅ。

やりすぎた。

そして、昨日も。

この後、買えなかったからyoutubeで聞いたよね(笑)

あ、念のために「パクリとオマージュの違い」を的確に書かれていたブログがあったので、こちらを引用しておきたいと思います。

■“リスペクト”の有無がパクリとオマージュを大きく分ける

一般に、“オマージュ”とは、尊敬するクリエイターや作品に影響を受けて、似たようなアプローチの作品を作ることを言い、“リスペクト”という言葉も同様の意味で使われる。一方、そうした敬意や尊敬の念を持たず、独自のアイディアや表現を加えない単なる模倣や盗作を“パクリ”と呼ぶようだ。

※“パクリ”と“オマージュ”の境界線とは?

なるほどね。

たしかにそうかもしれない。

それでは今回のデザインはどう出来上がった?

今回この世界的デザインはこうして出来上がった。

その一部始終をこのブログを見ている方だけに特別にご覧いただこうと思う。

遡るととある一通のメッセージから物語は始まる。

それがこれだ。

メッセ1

メッセ2 メッセ3 メッセ4

あれ?

メッセ5

あれれ?

e71f9d892ba45903eb7a03290825cfa7

えっと。

まささんやんかーーーーっ!!!

これデザインしたの、

まささんやんかーーーーっ!!!

さーせん。

見事にうちに合ってて、尚且つかっこいいから発売しちゃいました!(笑)

はー。洋楽好き&大のレッチリ好きを公言してて良かったー。

やっぱり好きな事を公言してるとどこでどうなるか分からないわー。

もう、まささん優しすぎでしょ!

ありがとうございます♡

そんなまささんとのコラボで出来上がったオリジナルキャップを、ぜひ歴代の友理Tと共にかぶってラーメン一緒に食べに行きましょう!(笑)

ご注文方法

このブログをシェアしたSNS(オコメンFacebookオコメンTwitter)へのコメント、及び返信、または個別にメッセージにてお待ちしております!

あと、何人か勘違いしてた方がいたんですが・・・

このキャップですけど・・・

今お店に取りに来てもないからねー!

完全受注生産なので、出来上がりは10月下旬予定なので気をつけてー!!!(笑)

はーあぶな。

ではでは今回はこの辺で。

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました。

お米と雑穀の専門店 石川商店
https://www.gokokumai.co.jp/


LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

石川 紘史

専務取締役有限会社石川商店
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...