amazonアカウントでの買い物はほんとに便利なの?

千葉県君津市にある町の小さなお米屋のオコメンです。

当店で2月1日より新しい決済方法が加わりました。
それが「amazonアカウント」での決済です。

だいぶ前からこの決済方法は知ってはいましたが、いかんせんうちのショッピングカートだと対応してないとのことで、二の足を踏んでました。

それが昨年末に対応可能になったとのことで、説明を聞きにamazon本社へ。


amazonペイメントを導入したとしても、購入してくれるお客さまにとってそれが良いのかどうか。分かりやすくなるのかどうか。メリット、デメリットはどうなのか。

そんなことを考えつつ、色々と調べついに導入。

ということでまだ2日しか経ってないので(導入が1日だったし)、経過とまでは呼べませんが今の現状をお伝えしたいと思います。

これいいっす!

あ、取り乱しました(笑)

何がいいかって、買い物をする人にとってすごい楽になりました!

SNS含め事前告知すらしてませんでしたが、現状の経過だとご注文を頂く、約半数の方が「amazonペイメント」を利用してくれてます。

半数ってすごくないです?

これにはボクもかなりびっくりしたのでtwitterでつぶやくと・・・

めっちゃみんな興味持ってくれたーーーっ!

そりゃそうだよね。やっぱりめんどくさいよりも簡単な方がいい。

結果的にやってよかったーーー!と思ってます♬

それでは、どこからやればamazonアカウントで買い物が出来るようになるのか。

うちの場合はここの部分です。▼▼▼

amazon2

買い物かごに入れてから、「このサイトでお支払い」か「amazonアカウントでお支払い」のどちらかを選ぶ形になります。(ブラウザ毎で表示が若干異なるのが難点だけど、これはそのうち直ることを期待します)

あとは、そのまま買い物をすれば完了です。

お客さまにとってはすごく簡単。

だって、amazonで買い物したことある人は登録情報をいちいち入れなくて済むんですもん。これが一番煩わしいし、時間もかかってしまう。

クレジットカードでやろうとすると、カード情報の入力もめんどくさいし。

そして、何よりこのスマホ時代とも言われる中で、スマホで住所を打つこと自体めんどくさい(笑)(めんどくさいめんどくさい、うるさいなw)

それが省けて手間いらずで簡単にできるというのは、最高です。

いやー、これは導入して良かった。

じゃあ、どのくらい簡単なの?

念のためどのくらい簡単になったかも伝えておきます。

普段のうちのサイトで注文をすると・・・

通常

注文をしてから5ページの偏移先があります。

って、多っ!!!これはめんどくさい。。。

分かってはいたんです。でもカートの使用上これ以下には出来ない。。。

でも、これを劇的に減らせればなぁと考えていて、
ようやく導入した「amazonペイメント」ではこうなってます。

①まず、買い物かごに商品を入れる

amazon1

②amazonアカウントでのお支払いをクリック

amazon5

③amazonのアカウントを入力する

amazon4
③注文を確定するボタンで完了

amazon3

3ページでの偏移先で、尚且つアマゾンの登録情報やクレジットカード情報がそのまま生きるので、住所登録などは一切不要。クレジットカードの入力もいりません。

これは劇的に変わりました!

使って頂くお客さまからも使いやすいとの声もすでに出ているので、ちょっと嬉しい♬

まだまだ細かい部分は直していきたいところはありますが、まずは使い勝手はよくなったのでこれからは「amazonアカウント」で買い物できるよー!ということの周知徹底をガンバリマス!!

奇しくも伝わってなければ存在してないのと同じ。というしのぶさんのブログも見たので最後にこれだけは声を大にしてお伝えして終わりたいと思います。

当店は・・・

amazonアカウントで買い物できます!

ちょー便利っす!

ぜひ、簡単なお買い物をお試しあれ!←え(笑)

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...