宮城県三陸沖の佐野さんの復興ワカメの時期に突入ー!!!

早いものでずーっとやってきた宮城「三陸わかめ」の時期になってきました。

うちで取り扱う「三陸わかめ」は、佐野さんのところのみ。

長年ずっと、良いときも悪い時も一緒にやってきました。

もう20年近く経つと思う。

これだけ長くお客様から愛されてきた「三陸わかめ」。

地元でもこの「佐野さんの三陸わかめ」は人気で、食べてくれた方からは「今まで食べてたワカメはなんだったのー!」とか、友達から頼まれての共同購入とか、はたまたわざわざ多く購入して配る人までいるしw。でも、そんなうれしい声がたくさん聴ける商品。

色々な産地の良いものはあるけど、僕らはこの「佐野さんの三陸わかめ」が大好き。

IMGP1958

味はもちろんだけど、佐野さんの人柄が一番なのかもしれない。

東日本大震災から、もう5年と言うべきか。

まだ5年と言うべきかは分かれるところだと思うけど、僕らはボクラで出来ることをしていくと決めて、佐野さんが仮設にいた頃は南三陸に向けて、支援米を遅らせてもらったこともあったなぁ。

1391456_580928401973867_1472542170_n

南三陸町の自然の家と、神割地区(100世帯くらい)で仮設住宅に入られてる方々に向けた支援米2,160㎏。

今だから言えるけど、うちは東北の産地のものが多かった(今も多いけど)ので、震災時は本当に厳しい経営状態でした。風評被害も酷かったから。それでも今まで東北が無ければ、今のうちは残ってなかったかもしれない。恩返しではないけれど、ずっと一緒にやってきたところが苦しんでいるなら、何かしたい!ってなったんです。

もちろん、この時は経営状態も加味して、全スタッフに確認して「これだけの量を送りたいんだけどいい?」って聞いたんだよね。(もちろん全員一致でオッケーでした)

そんなところから、徐々に復興してきた南三陸の「佐野さんのわかめ」。

実は震災から3年間は販売が出来なかったんです。

国からの補助金も入り、売り先が指定されてたからね。
(補助金は別にいいけど、その売り方の指定っていうのはどーなの?今までずっとやってきた取引先さんは完全無視じゃん!これだから国は…。って思ったけどね)

でも、ようやく販売再開のめどが立ち、皆さんにまた「佐野さんの三陸わかめ」が届けられるようになりました。

一番旬である、3~4月ごろだけしか販売することは出来ないけど、この「三陸わかめ」は食べてほしい。

味的には肉厚で磯の香りが漂い、絶対後悔はしない味です。(←これは宣伝ですw)

この「三陸わかめ」は内湾と言われる波の穏やかな場所ではなく、外湾の荒波の中で生産されます。激しい波にもまれるからこそ、肉厚で身の締まった「佐野さんのわかめ」になるんです。

三陸わかめ

わかめの保存は?

良く聞かれますが、このワカメは塩をまぶしてあります。

その為、保存は冷凍で1年くらい大丈夫です。
塩の作用で冷凍でも固まらないので、鮮度を保つことができるんです。

ただ、1袋500gなので、こんなに長いこと持っとく人いないでしょ?(むしろ、美味しいからたぶんすぐになくなるかも^^;)だから、鮮度落ちて食べれなくなったー!とかの心配はなくて大丈夫ですよ^^

大きさとか価格は?

大きさは1袋500g。

価格は1300円(税別)で、クール便でのお届けになります。

うちでは税別5000円(税込5250円)以上で、送料も代引き手数料もサービスしてるので、この「佐野さんの三陸わかめ」だけでもいいし、そのほかにお米や雑穀、調味料などと一緒に購入されるとお得だと思います^^

寒いこの時期には、「五穀米おかゆ」や「福っくら御膳もち」もおすすめです♬

地元の方はお店でも販売してるので、ぜひご予約&お越しくださいね~。

通販の方はこちらからご予約お待ちしております!

佐野さんの三陸わかめの注文はこちら

あ、ひとつ言い忘れてました。

また「こめ油」がTVで…。

房総コラボ2016

こちらも房総の魅力満載!ぜひ来てね♬

imgres房総コラボ公式FBページ

twitter-bird房総コラボ公式ツイッター

房総コラボ2016の参加店一覧はこちら

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...