冬のおもちできました。食べられる前に食べてください。

自分で書いててすごいタイトルだなと(笑
だって、冬季限定で出来たてほやほやなんですもん♬

この美味しさを伝えたいので、
今日はこの雑穀のお餅についてちょっとご紹介^^/

huyumoti_o_mini

このお餅「福っくら御膳もち」は、
2012年2月生まれ、しゃきしゃきの千葉ッ子です。

他と何が違うかって?

良いこと聞いてくれましたね~。
伸びます!(笑
1528590_618991961500844_1155371209_n

いやいやそれだけじゃなくて、
実は、日本初の13種類雑穀が入ったお餅なんです。

もちあわ、ひえ、もちきび、うるち玄米、もち玄米、はとむぎ、たかきび、もち麦、胚芽押麦、はだか麦、赤米、黒米、緑米の13種類。

これ全部、もちろん国内産です。

岩手、新潟、愛媛、秋田の各産地で
契約栽培してもらってます。

ただ、この雑穀もちは製造方法が難しい。

雑穀を入れたら入れた分だけ、菌の繁殖が多くなる。だからこそ、管理されたクリーンルームで、菌を繁殖させないようにする。

ここが中々できません。

日本でのお餅業界の会社って実は大きいところは5つしかない。その中でも長年付き合っている、信頼のおける1つの会社で作ってもらってます。

ちなみに、この製法は企業秘密です(笑

そして、この雑穀たちは、すべて手間暇をかけて「機械選別」はもちろんのこと、日本でも当社しか行ってないであろう、「目視手選別」を行った雑穀。

こんな風にね。
sennbetu_mini

穀物を一粒一粒、目で見て、異物を取り除く。

他のところでは出来ない訳は、
機械とは違って非常に人件費がかかる。
しかも、気の遠くなるような仕事。

だから、国内でもやってるところがないんです。
当たり前ですよね。
だって人件費がかかればそれだけ利益が出ないもん。

では、なぜ当社でやっているのかというと
「お客様に美味しく食べてほしいから。」

これに尽きます。

機械だけでは100%は目指せません。

だからこそ、100%に近づけるため
我々は出来る限りのことをしてるんです。

その為なら妥協はしません。

そして、「杵つき製法」で仕上げて。
kinetuki_mini

最後にもう一つ。

手選別までしている訳は手で触れることで、
美味しくなぁれと思いっきり想いを込めてます。

これ、ほんとだよ。

それがリピートが絶えない美味しさに繋がっている秘密だと僕たちは思ってます。

moti_mini

――食べてくれた皆さんの声――

ぷちぷちとした食感で美味しかった♬

お餅自体に味わいがあるから、
そのままでもいいね!って沢山お声を頂いてます。

って全部は載せられないから
詳しくはここでも掲載中。
https://www.gokokumai.co.jp/?pid=83628607

このお餅は数量限定生産なので、
無くなったら、来年の製造になりますのでお早目に^^

huyumoti_o_mini

ではでは。

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...