この時期の台風って嫌。でも悪いものもうちは販売します。

15号、16号とダブル台風なんて呼ばれているけど
この時期はほんと嫌。

この台風の進路や日程次第では、農作物。。。
特にこれから出てくる新米に影響が出る可能性があるんです。

今の進路図からしたら、日本に影響が出てくるのが24日~月末くらい?

いやいや。これはまずいでしょ。

この時期は新米の刈取り時期とちょうど重なるとき。

これは勘弁してほしいわ―。。。

でも、これも天候次第だから何ともすることは出来ない。

という事で、

被害が出ないことを祈ります!

ボクらは生産者と消費者の間に立ってます。

今は祈ることしかできないけど、農産物は天候に左右されやすい。

良いときもあれば、悪い時もある。

でも、どちらも一生懸命作ってくれたもの。

それが天候によって左右されただけの事。

コンセプト

だからうちは、悪い時だからって仕入れをやめますってことは絶対しない。
そんなことをしたら、もう産地はボクらを信用しなくなる。

そうしたら良いものだって作れないし、作る意欲も無くなる。

ましてや関係性だって作れるはずがない。

そりゃそうだよね。

良いときにしか仕入れしないんだもん。
(まぁ、こうゆうお米屋さんもいるんだろうけどね)

良いものを仕入れることは大事。

だけど、もっと大事なのは続けられる農業を考えていくこと。

産地を変わらず応援していくこと。

良いものを、美味しいものを欲しいという気持ちは僕にも分かります。

でも、悪いときこそ僕らはみんなに分かってもらって売る努力をします。

「今年は長雨で〇〇はちょっと出来が悪かった。」

「猛暑の影響でお米の中のデンプン形成が上手くいかず、真っ白いお米が多く入ってしまっている。」

真っ白いお米とは。
いわゆる「シラタ」と呼ばれるお米のこと。これは、その年ごとの生育状況や天候不順などにより、お米の中に出来てしまう乳白色(もち米のような色)のお米の事。

なんてことを伝えて、理解していただくことも必要。

それを理解してもらって、みんなと一緒に産地を守っていきたいと思ってます。

ボクらは産地を応援したいからこそ、どんな時だって続けることをしていきます。小さいかもしれないけど、微力かもしれないけど、それが日本の農業を守ることに繋がってると思うから。

まとめ

悪いものも販売するって言うのはなんだか語弊があるかもしんないけど、あくまで天候によって出来があまり良くなかったって意味。

もちろん、うちでの異物除去など出来ることはします。

これからの時代はこうゆう考え方をしていかなきゃいけない。

こうゆうところが生き残るって思ってます。いやむしろ、こうゆうお店が生き残らなきゃいけないって思いながら、日々仕事をするのでした。

ではでは。

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページ新しくしました♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...