キャンペーンは終わっても、その後に残るもの

千葉県君津市にある町の小さなお米屋のオコメンです。

房総コラボキャンペーン2017が昨日(2017年5月14日)をもって終了しました。

今年は本当に盛り上がった。

キャンペーン自体は4月1日からだったのにもかかわらず、1月からそれぞれが動き、SNSの使い方を学び、楽しみながら行動していました。

1月からって(笑)

ハッシュタグから見えるもの

今年の各種SNSでは一つのハッシュタグが共通話題にしていました。

それがこれ「#房総コラボ2017」


振り返ると、盛り上がりが早すぎてキャンペーンが始まる前に“燃え尽き症候群”になるんじゃないかって思うほど、裏では少しだけ心配していましたが、そんなものはどこ吹く風でますます加速し、もう手が付けられない状態w(いい意味でね)

まずは身内(参加店自身)が楽しみ、繋がり、そこに輪が広がっていく。

そこから友だちから友だちへとどんどん広がり、すでに期間中にも房総コラボに入りたい。どうやったら入れるの?という新しいお店さんの声も多くいただいてたりしました。

うれしいね。ほんとうれしい。

なんだか、終わってしまったという脱力感もあり、すでに色々なところから「なんかさみしー。」「終わっちゃうんだね・・・」という「房コラロス(笑)」の声が聞こえてくるのが嬉しくもあり、ちょっと寂しい複雑な気持ちです。

今までを振り返り

この房総地域で5年前(2012年)に始まった時を思い起こすと、SNSなんてほぼ使っている人がいなかった。

そして、使っていても関係性を考えたり、楽しむ使い方をしている人は本当に少なかった。

それが、この房総でここまで各自が各店がSNSを使えるようになり、少しずつ成熟したものになっていったことがやっぱり嬉しい。

房総コラボキャンペーン2017は5月14日をもって、スタンプラリーキャンペーン自体は終わっちゃったけど。

それでもね。

今までみんなで楽しんだもの。

協力して作り上げたイベント。

繋がったお客さまや新しい友だち。

SNSやリアルでの繋がりは終わりではありません。

むしろ、ここからが本番です。

ここで覚えた事。

学んだもの。

それを継続し、自店をもっともっと盛り上げて、来年またそれぞれが更にパワーアップして集まれたら、またすごいことになると思います。

これだけの多くの人がいるから、向き不向きはあるでしょう。

行動できる人、なかなか出来なかった人もいるでしょう。

それでも、やるやらないはその人次第。

出来る出来ないを決めるのも自分次第。

やりたいときにやればいいんだと思います。

早いとか遅いとかはないと思うしね。

それでもこの房総コラボを通して、自分と繋がった気の合う仲間たちが必ずいると思います。

その人たちとこれからもゆるく、長く楽しく繋がっていけたらと思います。

まずは一区切りとして・・

したっ!!!

まだ、房総コラボのスタンプカードを持っている方は、5月21日(日)まではお近くの参加店で応募のみ受け付けていますので、せっかく貯めて頂いたカードはぜひご応募くださいね。

ほんとうに多くの関わってくれた皆さん、ありがとうございました!

房総コラボキャンペーン2017

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...