たった1つの行動で分かる、出来る人と出来ない人の差はこれだった。

出来る人と、出来ない人の差。
これってなんだろうって考えてみた。

だって、誰しも出来ない人になんてなりたくないでしょ?
できる事なら「出来る人」になりたい。

それは、頭がいいとかそうゆうのじゃない気がする。
出来る人って、何をしててもスピード感が半端無いんだよね。レスポンスだったり、回答だったり。

例えば、メッセージの返信が1時間後とかじゃなくて、
1分以内とか早い時なんか15秒以内とか。←これホント。

だから仕事もとにかく早い。

こんな感じ(笑
speed_mini

サクサク連絡取れるから、
結果にたどり着くまでが早いってこと。

もちろん、何かをしていて今は完全に物理的に無理!って言う時はたしかにある。

でも、めちゃくちゃ忙しくても早い人は早い。

遅い人はいつも遅い。

もちろん手当たり次第、意味も分からず
何でも早くしろってことじゃない。

レスポンスが早い人って、
それだけの知識を持っているから
回答も応答も早く出来るんだと思う。

ということは、経験もあるから
更に、頭の回転もすこぶる早い。

あれ?すこぶるって言うよね?
死語じゃないよね(笑

まぁ、それは置いといて。

この1つの行動が出来るかどうかである程度、出来る人なのか、それとも出来ない人の差になるんじゃないかな。

では、そうすればいいのか。

返事が遅い人は早くする心がけを。

はい!単純ーーーー!(笑

ただし、適当な返事はダメだからね。
そうすることによって、脳が知識をインプットしようとするから、結果的に知識も深まって、次の時にはもっと早くなる。

――まとめ――

結局、インプットしなければ
アウトプットなんて、まず出来ない。

そしてスピード感を高めよう。
(まずは今より1.5倍速で)

やるかやらないかはあなた次第。

諦めるな

その一つの行動で明日は何かが変わるかもしれないよ♪

ではでは。

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...