五穀米、福っくら御膳、金賞米の石川商店

2020/05/30 02:06:07

渡辺さんちの米作り
~お米ができあがるまで~
(第1話:籾の殺菌編)

春から秋にかけて、お米ができるまでを各種動画に分けて順次追いかけていきたいと思います。

お米ってできるまでに、88の工程があると言われていて、食卓にあがるまでにかなり時間がかかるんです。それを動画にして追いかけていくという企画です。

今回は第1話となりますので、ぜひお楽しみくださいね。

 

まず「とねのめぐみ」とは?

「コシヒカリ」はもうすでに全国的に知られているので、大丈夫ですよね。

渡辺さんは「とねのめぐみ」という品種も栽培しています。これは、「コシヒカリ」と「どんとこい」から品種改良で生まれたお米で、甘み・粘り気が強く人気上昇中の品種です。冷めても美味しいと言われており、コシヒカリを超える食味として注目されています。

渡辺さんって?

当社でも毎年お世話になっているお米農家(渡辺正義さん)です。

IMGP2205

お米作りにもこだわりを持ち、色々な品種のお米をやっています。

甘みの強い「コシヒカリ」、粘りの強い「とねのめぐみ」・・・その他にもいろいろな品種を栽培しています。中でも、お米の日本一を決める米・食味分析鑑定コンクールにおいて、「とねのめぐみ」は数々の入賞をしているほど好評価を頂いているお米です。

今回は渡辺さんの米作りを動画で追いかけていきたいと思います。

また、こちらのお米は、千葉エコ農産物の認定を受けており、農薬の使用は可能な限り低減し、有機にこだわった土作りのため、毎年収穫後には米ヌカとEMペレットという有機肥料を散布して翌年の田植えに備えています。

ということで、早速お米が出来るまでを追いかけていきたいと思いますので、動画をご覧ください。

第1話 籾(もみ)の殺菌とは?

なぜ殺菌するの?

稲の種籾(たねもみ)は、病気の原因となるカビや細菌に汚染されていることがあるため、種まきの前に種子を消毒するんです。農薬を使う方もいますが、渡辺さんは種籾をお湯に浸たす「温湯種子消毒」という方法で、農薬を使わずに種子消毒をしています。

温湯種子消毒をやることによって、品質低下や収量低下を引き起こす「ばか苗病」、「いもち病」といった病気を未然に防ぐことができるので、これは大事な作業の一つなんですよね。

勉強になりますねー♬

 

いかがでしたでしょうか?

意外と知らないことの方が多いですよね。
お米農家さんでは単に稲を植えて、刈り取りをするだけじゃないんです。意外と大変なお米作りの中でも、この籾の殺菌も大変な作業のひとつ。そちらがお判りいただけただけでも嬉しいです。

 

今回の撮影を行っているお米農家「渡辺さん」のお米はこちら

千葉県産 極献上とねのめぐみ
(白米・玄米と取り揃えております)

千葉県産 渡辺さんちのコシヒカリ
(白米・玄米と取り揃えております)

 

次回は少しお米の成長した姿を見られると思いますので、ぜひお楽しみお待ちくださいね。

一覧に戻る

石川商店の店舗

五穀米、福っくら御膳、金賞米の石川商店

おいしい五穀米・石川商店

〒299-1162
千葉県君津市南子安3-17-23
TEL.0120-141113(フリーダイヤル)

Copyright © 2014 ISHIKAWA SHOTEN Inc. All rights reserved.