初めての「お金のセミナー」をやって思ったこと。

昨日は主催でやらせていただいた「お金のセミナー」
「お金の働いてもらうための基礎講座」がありました。

講師は中村将人さん。都内ではすぐにセミナーは満席になり、立ち見まで出るほどのセミナーを行っている方。

今回は満席とまでは行きませんでしたが、参加してくれた方々には本当に感謝してます。ありがとうございました!

今回の会場はこんなところ。

ハミルトンホテル

はい。結婚式場です。

ここ何度か使わせてもらってますが、
やっぱり色々な環境が整っているのでいい♬

そして、今回のセミナーでは皆さん真剣そのもの。

11215773_879777412102366_8981252641040617580_n

それもそのはず、お金の勉強なんて学校では
習ってこなかったですもんね。

今の日本の置かれた状況。

お金の価値。

正しいリスクの共有。

そして、今の国の政策。

マイナンバー制度の本当の目的とは・・・。

色々と伝えることが多く、時間も押してしまいましたが今の現状と、これからの方向性は伝わったのではないかと思います。

今の日本の現状

財務省は8日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が2015年3月末時点で1053兆3572億円になったと発表した。4月1日時点の人口推計をもとに単純計算すると、国民1人当たり約830万円の借金を抱えていることになる。
日本経済新聞 2015年5月25日より

これから超高齢化社会を迎える日本。
このまま借金が増えていくと、どうなるのか?

今あるお金の価値はそのままなのだろうか?

1万円が6000円の価値に。

もしかすると預金封鎖という最悪のシナリオも考えられている。

そんなの日本は関係ないよ。
そう思っている方々は多いのではないでしょうか?

本当に大丈夫と言い切れますか?

過去日本でも(昭和21年)の2月16日、突然預金が自由に引き出せなくなるという「預金封鎖」という国の措置が実際に起こりました。

NHKでも預金封鎖の特集があり、時の政府が戦時中に撒いた公債が紙くずになるのを防ぐため、国民に預金封鎖と財産の90%(証券は除く)に課税して破綻を防いだ話。

預金封鎖

昭和21年に預金封鎖により、借金を帳消しにしたのにも関わらず、現在の国の借金はその当時よりも膨らんでいる状況。
(これは普通に考えても、非常に大変な状況になっているのは分かる)

今の預金は持っているだけで目減りしていく現状。
これが今、着実に現実化しつつある。

その為には、対策はどうすればよいのか?

そんな基礎を学んだ講座でした。

そして、決して怪しいセミナーではありません。
って書くと余計に怪しいね(笑)

ボクを知っている方であれば、分かると思いますが
変な方向に行ってる訳ではないのであしからずw

ここでは細かく話そうとすると長くなってしまうので、詳しくは書きませんが次回また、この「お金のセミナー」を開催する予定です。

「お金」と言うと、正直マイナスのイメージが先行してしまうところがあることも分かっています。詐欺の横行。株、FXなどそれ自体を悪く言うつもりはありませんが、それに関わる悪徳商法の蔓延。

そんな悪い情報ばかりが入ってくる今の現状です。

だからこそ、「お金」と言うと触らずにそっとしておく風潮があるのかもしれませんね。

でも、それで本当にいいのでしょうか?

正しい知識を付けていく為には、きちんとした学びと対応策。そして、これからの自分たちの未来や家族は自身で守らなければいけない。

ということを知ってもらうために、開催をしていきたいと思います。
ただ、どう受け止めていくかは、やはり本人次第。

だからこそ、自身の目でセミナーを聞いて欲しいという想いがあります。

次回の開催はまだ未定ですが、決まり次第こちらのブログやfacebookでのイベントを立ち上げていきますので、ご興味のある方はぜひご参加くださいね。

最後に一点。やっぱり懇親会が一番盛り上がりました。
だって、懇親会が一番色々な話を聞けるチャンスですからね。

がしかし、写真を撮るのを忘れたのはナイショではなくホントのことです(笑) やっちまった・・・

という訳で、今回はここまで。

本日も最後までお読み頂き
ありがとうございました(´∀`)

お米人(オコメン) 石川紘史

ホームページはこちら♡
https://www.gokokumai.co.jp/


hp

面白かった。為になったと感じたら、「ツイート」や「はてブ」して頂けるとすごく嬉しいです。応援よろしくお願いします♡

The following two tabs change content below.
石川紘史
㈲石川商店専務取締役。君津市のお米と雑穀の専門店石川商店にて、お米と雑穀に囲まれ全国へ発信中。 「おいしくって体にいい」「一杯のおかわりで世界を救う」「ごはんから世界を救う」をテーマに日々楽しく、関わる方にも楽しんでいただけるように仕事をしている。 日本農業が元気になるお手伝いと、お米屋として「結び」の大切さを伝え、次世代の子供達へ誇れる世界を作るために日々奮闘中!また、オコメンの愛称で親しまれている。
Loading Facebook Comments ...